« 4月5日 桜の下で、、 | トップページ | バロメーター »

 振り返らずに

「4月5日 桜の下で」 のつづきです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

パピーたちは、最後にハーネスを着けて

写真を撮ってもらえます。

プライムは、嫌がる様子もなく、大人しく着けさせて

くれました。

ハーネスを着けたプライムです。

Photo

うわ~っ とってもとってもかっこいいよ!

Photo_3

                     

P胎きょうだい6頭と、ピップパパとドルチェママ

全員そろっての写真撮影。

みんなが揃うのを待つ間も、プライムはとっても

いい子に待てました。

でも、今思えば少し緊張していたのかな?

                 

micchi-papa:あれ?ドルチェ(左端)とピップ(右端)って

        もっと大きいと思ってたわ。

Photo_2

                     

ほんとだ、、、。

委託式の日、あんなに大きく感じたパパとママ。

もしかして今では子ども達のほうが大きい?!

1年1ヶ月の時間を改めて実感しました。

                                   

みんなで写真を撮った後は、家族ごとの撮影です。

「この写真を撮ったら プライムは行ってしまうんだ」

そう思ったら、もうダメでした。

                         

撮影が終わった瞬間

涙が溢れて、、、。

ついにプライムに泣き顔を見せてしまいました。

職員さんに首輪を付け替えられるプライムに

「行ってらっしゃい」を言うのが精一杯。

横では、ミッチーがプライムに顔を寄せて

                    

ミッチー:顔をなめて 顔をなめて、、

              

って言ってました。

私が最後に見たのは この姿↓

リードを引かれて トコトコとついていくプライム。

Photo_4

行っちゃった。プライムが行っちゃった。

もう一緒に連れて帰れない、、。

すごく動揺してた気がします。

いっぱいいっぱいだったから、笑って見送ることは

出来なかったね。

                    

でも、スキップこそしていなかったけれど、

この時、プライムは前を向いて歩いて行ったのです。

                  

この後のプライムを、

私はどうして見送らなかったんだろう・・・。

今でも少しだけ後悔しています。

          

ミッチーとmicchi-papaは、

プライムが犬舎に行くまで

見送ったんですけどね。

               

帰りの車の中、

ミッチーはもう大変なことになっちゃってsweat02

                          

後部座席で、プライムのヨダレ拭き用タオルに

顔をうずめ、

               

ミッチー:「さ、最後にプライムに

      顔をなめてもらいたかったのにぃ 

      ・゚゚・(/□\*)・゚゚・わ~ん

               

     「ぼくは、心に深い深い傷が出来た 

     (ノ_≦。)ヒック

     

     「こんなに悲しい想いをするなんて、、、

     (。>0<。)ウック

                         

    「今日はもう悲し過ぎて、宿題は出来ないからね(涙)」

           

ずっとこんな感じでsweat01

なだめるのが大変。

              

micchi-papa:ま、気の済むまで泣いたらええ。

             

慰めようと思って

              

「プライムは、今頃、シッポフリフリ、

みんなと楽しくやってると思うよ」

         

と言ったら

              

ミッチー:「そんなことないっ!

      プライムは、足を踏ん張ってた!

      訓練士さんより僕たちのほうが好きだってことだ。

      ぼくは、ぼくは、

      それを見て嬉しかったんだーー

      ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ウワーン」

                      

「えっ、、、何、それ? いつの話?」

                

micchi-papa: ・・・・。

        角を曲がってしばらく行った所で

        プライムが何回か振り返ってなぁ、、。

        最後にちょっとだけ足を突っ張った。

     

知らなかった・・。    

          

それを聞いて、

涙が止まらなくなりました。

             

なんで、最後の最後に、、、。

センターにお泊りするとき、

いつだってプライムは

足取り軽く、スキップで行ったじゃない。

           

「なんでなんで?」 

っていう気持ちと

「どうして、最後まで見送ってあげなかったんだろう」

って、自分を責める気持ちで、

胸が締め付けられるようでした。

                  

micchi-papa:嫌がってたわけじゃないと思うで、

        ただちょっと、

        「いいの?行って?」

        「みんななんで来ないの?」って思って

        足を止めたんとちゃうかな?

                     

入所式で、職員さんが言ってた言葉

                 

「みんな振り返りもせず、

シッポを振って入所しますよ。

薄情だって思わないでくださいね(笑) 

それだけ、みなさんが愛情いっぱい

育ててくれたからなんですよ」

                     

私も疑いもせず、思っていました。

プライムなら、絶対 そうだろうな、、って。

                

どうにもならない、言葉に出来ない気持ちで

胸がいっぱいになってしまい、

しばらく 心の整理がつかず

写真もなかなか見ることが出来ませんでした。

                    

ミッチーのパピー日記より

**********************

プライムの入所式がありました。記念撮影の後

プライムは去っていきました。 最後の挨拶の時に

顔をなめてもらいたかったけれど

プライムは緊張していたのかなめてくれませんでした。

P胎のきょうだいは、みんな軽やかな足どりで

犬舎に行ったのに、

プライムはぼく達と離れたくない、と

踏ん張っていたので嬉しかったです。

家に帰ってから、

プライムがいなくなって会話が減りました。

すごくさびしくなりました。

塾から帰ってきてもいやしてくれる

プライムがいないので悲しかったです。

プライムのクーンクーンという鳴き声や、

ご飯中ぼくの足元に来る

プライムの姿が見えないと

すごく不思議になりました。

盲導犬になんてならなくていいので 帰ってきて欲しいです。

**************************

                           

最後の一行は、ミッチーの切なくて正直な心の言葉

、、、ということで、どうか許してください(>協会)

             

そっか、、オカーサンは、

シッポを振って振り返らずに行って欲しかったけど

ミッチーは違ったんだね。

プライムが振り返ってくれて嬉しかったんだね。

                             

micchi-papaが写した、最後の写真

ちょっとだけ抵抗

Photo_5

でもホラ、最後はついていったよ

Photo_6

                          

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

                

これが入所式の日の思い出です。

                       

これじゃ、読んだ人は心配しちゃうかな。

今は、もう大丈夫。

ミッチーも私も、気持ちは切り替わっています。

こうやって、書いてみて 良かったです。

ずっとあのまま 

心が足踏みしていたわけじゃないことが

分かりました。

                  

                       

 

|

« 4月5日 桜の下で、、 | トップページ | バロメーター »

盲導犬パピー」カテゴリの記事

コメント

振り返っても振り返らなくても入所は決まってるんだから・・私は振り返ったり抵抗したりしてくれたら嬉しい気もします。それだけ家族が好きで「行きたくない!」って思えます。(自己満足だけど・・) 
でも犬舎の扉を抜け、たくさんの訓練犬を目にして家族のことは記憶の奥にいってしまうんでしょうね。。
今プライムちゃんは楽しんでますよね。仲間と訓練士さんとボランティアさんに囲まれて・・・

ミッチー君は純粋なんですね。。プライムと出合い一緒に生活をして、別れることの悲しさを学べたことはかけがえのない宝物です。学校じゃ学べないことですよね。

投稿: イプマム | 2009/04/11 22:42

大人でもつらいこの別れに、ミッチー君のつらい気持ちはたまらないですね。
でも君はかけがえのない一年と一ヶ月を過ごしたんだよ!
きっと素敵なおとこに成長してくれる事でしょう!
プライムちゃんはどこに行ってもミッチー君のことは忘れないからね!
プライムちゃんがミッチーお兄ちゃんかっこいいって言ってくれるような大人になってね!

投稿: リバー家ママ | 2009/04/12 20:38

イプマムさま

プライム、私達の様子を感じて不安になったのかなぁ、、としばらくは、クヨクヨ考えちゃったんですけど、イプマムさんが言うように、扉をくぐった後は、きっと楽しくやっているに違いないと思います。
子どもって幼稚園とか保育園に入園させた頃、朝、送っていくと離れがたくて泣くじゃないですか?
でも、連絡帳には「その後は、みんなと仲良く遊んでましたよ!」って書いてある、、そんな感じでconfident

ミッチーの泣き顔を見て心が少し揺れたけど、やっぱりパピーウォーカーして良かったなぁっていうのが、今の心境です。
涙があっても、それだけ愛しいと思える出会いがあったということ。これは、本当に机の上では学べませんよね。プライムに感謝です!!

投稿: micchi-mama | 2009/04/13 12:48

リバー家ママさま

有難うございます!この1年1ヶ月はミッチーにとって素晴らしい時間だったと思います。小さなプライムのことを「かわいいな、愛しいな」って慈しみ、やんちゃな時期には、甘噛みされても、大事なものをこわされても我慢して、、そして大きくなったプライムを、いってらっしゃいと送り出した(未練タラタラではありながらも・・)。
私達も子どもとパピーが、一緒に成長する姿を見ることができて、本当に良かった!!
離れるのはつらかったけれど、これからはプライムを遠くから見守る、成長を楽しみにするっていう喜びも出来ました。次に再会した時、ミッチーよりプライムのほうがお姉さんになってそうな気も(かなり)するけど、プライムに負けないようにがんばってもらいたいです。

投稿: micchi-mama | 2009/04/13 12:53

5日以来、私も心にポッカリ穴があいたような不思議な気持ちにおおわれています。ピップにとっての初めての仔だからでしょうか。そしてP胎のPWさんが本当に愛情こめて育ててくださったことが良く伝わってきたからでしょうか。以前のPWの入所のころを思い出してしまったりして、ブログも涙で読めない毎日でした。今日の盲導犬支援センターのオフィシャルブログ、まだご覧になっていなければ是非
見てみてください!

投稿: ピップボラあいだ | 2009/04/13 20:35

ミッチーくん、日記ずーっと続いて偉かったですね。
大切な宝物です。
大人になって見返した時、きっとほろ苦い思い出となることでしょう。

micchi-mamaさんの幼稚園や保育園のたとえ話、私もそう思っていました。
オパールにとって友達や先生のいる全寮制?の
学校がとても楽し所であれば、親としてはとても嬉しいことなんじゃないかって・・・。
できれば人間の学校のように、時々授業参観があればいいのになぁ・・・笑。

投稿: オパール母 | 2009/04/14 14:10

ピップボラあいださま

パピーウォーキングの間、優しく見守っていただき本当に有難うございました。最後はさびしくてメソメソしてしまい、ご心配をおかけしたかもしれませんねsweat01プライム達P胎は、みんな人が大好き。今頃楽しく訓練していると思います!
入所式の日は、パピーのパパやママ、繁殖犬ボランティアさんが一緒に送り出してくださって感激しました。プライムを通して、多くの人とつながっているということを感じることができました。
午前中は、ピップ君の子ども(N胎)の委託式だったのですよね。帰りは寂しくて、「ピップ君の子1頭くらい残ってないかなぁ・・」ってmicchi-papaと真剣に話してましたcoldsweats01
プライムの後に続くたくさんのきょうだい達を、親戚のおばちゃんのような気持ちで、応援していきたいとおもいます。
さっそく オフィシャルブログ見ました! あのご家族に我が家を重ねて見てしまいました。そう、またプライムには会えるんですものね!その日を楽しみに待つことにします。  

投稿: micchi-mama | 2009/04/14 22:11

オパール母 さま

ミッチーは、実は、朝の散歩はずいぶん前に挫折し、夕方の散歩に変更(汗)
しかし「パピー日記」は最後まで続けることができました。もし、プライムがくるのが1年遅かったら、日記は書かなかっただろうなぁ、、。男の子だし、きっとこれからはだんだん話もしてくれなくなるんですよね。そしたら、何考えてるのか分からなくなりますよね(悲)プライムと一緒に過ごした時間を、ミッチーの日記とともに振り返ることが出来て、私にとっても宝物になりそうです。

オパールちゃんと訓練士さんの写真、素敵!すごくいいですね! 
授業参観が無理なら、柱の陰からのぞくだけでも、、写真だけでも、、声だけでも、、ニオイだけでも、、ってね(笑)

投稿: micchi-mama | 2009/04/14 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月5日 桜の下で、、 | トップページ | バロメーター »