« カヌーで遊ぼう | トップページ | ミッチーのパピー日記(面会編) »

プライムに会いました(面会)

昨日 プライムに会ってきました。

ずっとずっと会いたかった

夢にまで見たプライムとの面会です。

プライム、私達のこと覚えてるかな?

TP2のあと他の訓練センターに移動になるのかな?

もしかして、最後の面会になるの?

                           

面会の日が近づくにつれ、いろんな想いで頭がごちゃごちゃになってしまって

神経ピリピリshock

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

当日はとってもいいお天気sun 

ジリジリと陽射しが照りつけて、外に出ると頭がクラクラします。

前夜はなかなか寝付けなくて、すっかり寝不足です。

訓練センターは、親子体験ディとパピレクチャーと訓練犬の面会が重なり

人と子どもと犬でごった返している感じでした。

そんな中、訓練犬と、ホールの片隅や中庭で静かに面会時間を過ごしているご家族が印象的でした。大切な大切な時間が流れています。

           

訓練士さんから

「訓練犬は久しぶりにパピーウォーカーさんと会うので興奮してしまうかもしれません。最初はハーネスをつけて訓練センターの周りを体験歩行してもらいます。そのあとは自由に過ごしてください」        

という説明がありました。

ホールで待っていると、中庭の向こうからハーネスをつけたプライムを訓練士さんが連れてきました。

プライムは夏毛でしょうか?茶色が濃くなっていて、体は少し大きくなったみたい。

たくましくなっています。

2

そして何よりその態度。うちにいた頃とは全く違ってました。

パピーの頃、訓練センターに預けて迎えに行くと、いつもリードを引っ張って大興奮で現れたものです。ガラス扉にゴッツンコしたこともあったっけ。

今日のプライムは、訓練士さんの横に、ぴったりと、ヒールの状態。

私達の前を通るときも変らぬ態度。乱れることなく訓練士さんの指示に従っています。

                       

「私達のこと忘れちゃったのかな(涙)」

                           

思わずもれた言葉に

                  

訓練士さん:「多分、今はハーネスをつけているからですよ」

                      

そっか お仕事モードなんだね。

でも、グッと胸にこみあげてくるものが、、。

                

訓練士さんとプライムの後ろに続き、センターのドアを抜け道路に出たところで、

「ハーネスを持って順番に歩いてみてください」と言われました。

              

まずはミッチーが、プライムのハーネスを握ります。

ぎこちない持ち方に、歩きずらくないかしら。

3

私達は後ろから見守りました。

ゆっくりと歩き出すプライム。

電信柱の横の狭い場所を通る時や、縁石の段差や角にくると

足を止めて教えます。

                        

ミッチーはそのたび「グーーッドグッド」

                  

プライムの頭をくしゃくしゃにして、大げさなくらい撫でています。

ミッチーの気持ちが伝わってきました。

だって、やっとプライムに触れたんだもんね。

                      

そして私の番に。

プライムはゆらゆらとシッポを振りながら落ち着いた様子です。

訓練士さんが「目をつぶって歩いていいですよ」というので

目をつぶり、プライムと私をつなぐハーネスに神経を集中しました。

4      

ゆっくり確実に歩くプライム。 ピタッと止まると訓練士さんが

「角にきました」「段差がありますよ」と教えてくれます。

プライムグッドだよ!エライね! 

手を伸ばすと、昔のままのフサフサと柔らかい毛並に触れ

プライムの暖かな体温が伝わってきます。

途中、もう一頭の訓練犬の体験歩行とすれ違ったようですが、

目をつぶっている私には全く分かりませんでした。

パピーの頃のプライムは、前方から犬がやってくるとシッポを振りながら

伏せたまま匍匐前進していたものだけどねsweat01

           

訓練士さん

「プライムはとても落ち着いていますね。

パピウォーカーさんと会うと興奮してしまって上手に歩けない子もいるんですよ」

                     

立派過ぎるくらいなプライムの歩きに、成長を喜ばなければいけないのに

私は複雑な気持ちでした。

もし訓練士さんが、「今日は嬉しすぎて、うまく歩けないみたいですね」

と言ったら、私はどう思ったのかな?もしかしたら、喜んだのかも?

こんなちっちゃな心を持った私は、パピーウォーカー失格ですね。

                        

最後にmicchi-papaがプライムのハーネスを握りました。

歩きながら、訓練士さんが

「プライムは犬舎でもとても落ち着いていて、他の犬とも仲良くできるんですよ

って話してくれました。

micchi-papaの「GO DOOR」のコマンドに、まっすぐ入り口を目指すプライム。

完璧です。

5               

プライムすごいね。えらかったよ。

おかーさんビックリしちゃったよ。

                    

でもなんだかさびしくて切なくて、なんだろうね、、この気持ち。

プライムが遠くに行っちゃったような感じだよ。

                      

訓練士さんが家族で写真を撮って下さって、

「じゃぁ ハーネスをはずしましょうかhappy01

プライムにつけられた白いハーネスをはずすと・・

                

まぁ、、なんという事でしょう!!

魔法が解けたかのような

プライムの豹変ぶり!!

                                   

ピョンピョンはねて(でも昔のプライムみたいに体は当てないんです。垂直とび)、

喜びを体いっぱいで表現してます。

私の体に鼻をグイグイ押し当ててスンスンスンスンとニオイ嗅ぎ。

                    

「これはこれは、おかーさんのニオイだわ!間違いない」って

確認しているみたいです。

                          

「プライム覚えてたんだね!よかった!覚えてたんだね」

                          

ミッチーも、micchi-papaも私も、人目も忘れて喜びの声を上げました。

しゃがみこんでプライムに抱きつくと

涙と汗でドロドロになった私の顔中をなめ回します。

あぁ プライムだ。変らないね。

Photo

          

「当たり前でしょ。覚えてるに決まってる。私のお仕事姿見ててくれた?」

       

そう言っているかのよう。

私達の前でお腹を見せるプライムはパピーの頃のままでした。

Photo_2

いっぱいいっぱい撫でて、抱きしめて、、プライムのニオイを嗅ぎました。

少しの間見せたパピーの表情でしたが、すぐに落ち着きを取り戻し、

ゆったりと私達のそばでダウンするプライム。

8

でもなぜか、足元に入り込んでのダウンです。、

訓練士さんに聞くと

「最近、電車やバスに乗るようになって、人の足元でダウンする事を教えられているので、きっとお勉強の成果を披露しているんですよ」

ですって。

私達の知らない訓練センターでの時間が刻まれて、いつの間にかプライムは盲導犬への階段をあがっていたみたいです。

まだまだ訓練は続くのでしょうが、私には、プライムはとっても「盲導犬らしく」見えました。

         

時間が来ても、プライムは動かず、私達の足元でじっとしていました。

                         

私:「プライムは犬舎にもどらないって言ってます。このまま連れて帰っていいですか?」

訓練士さん:「それは困りますcoldsweats02

           

なんて冗談めかして言ったりしましたが、心の中は、本当に連れて帰りたかった。

お別れの時間は、永遠に来てほしくない。

いつまでもこうしてそばにいたい。

でもね、そんなわけにはいきません。

もう、プライムの帰るところは我が家ではないのです。

                           

ミッチーは「最後にお別れをするから」っていって

プライムに顔を近づけると、お顔をぺロッと舐めてもらいました。

                     

さぁ プライム。みんなの待っているお部屋に帰らなきゃね。

プライムは、犬舎に連れて行かれるとき、何度か私達を振り返りました。

でも入所の時のような不安げな感じではなかったです。

今、自分がしなきゃいけないことが分かっている、

そんな頼もしさを感じました。

                 

イタズラいっぱい、お転婆なプライム。

甘えっ子で、いつも私達の後をくっついていたプライム。

私達の前ではおくびにも出さなかったから、今の今まで信じられなかったけど、

プライムはやっぱり盲導犬になるために生まれてきたんだね。

                                  

もう、私達がしてあげられることはないんだ、って思うと、 

さびしいよ 切ないよ。

でも、これからもずっと応援してるからね。

忘れないよ。大好きだよ。

プライムはいつまでも、私達の大事な大事な家族だからね。

いつかまた、きっと会えるよね。

6                       

|

« カヌーで遊ぼう | トップページ | ミッチーのパピー日記(面会編) »

盲導犬パピー」カテゴリの記事

コメント

ついに面会、私まで手に汗握りながら読ませてもらいましたよ~!
ハーネスをつけていればPWさんと会っても落ち着いていられるなんてびっくりです!
成長ぶりは嬉しいけど、一抹の寂しさも感じてしまいます。
でもハーネスを取ったらプライムちゃんに戻ってくれて良かったです~♪
やっぱり可愛いですよ~♪
このままずっと時間が続けば良いのに・・と思ってしまいますよね。連れて帰りたかった気持ちよく分かります・・。
何もしてあげられない、というのが一番切ないですよね。
でも皆の幸せと健康を祈って、進路が決まるまで見守っていきましょうね!

投稿: シルクママ | 2009/08/24 09:09

シルクママさま

会えて嬉しかった、でも面会を終えて、帰ってきてからのこの気持ちははなんなんでしょう・・。プライムが私達からどんどん遠くはなれて行ってしまうような寂しさとともに、巣立った子どもの立派な姿がまぶしいような、、なんとも複雑なこの気持ちをもてあましております。パピーウォーキングはここで修了、、というのはないですね。これからもきっと、泣いたり笑ったり心が揺れることがありそうです。
面会、次はシルクちゃんの番ですね。富士宮に移動になるPS胎も何頭か居るようですよ。いっしょに遠くから見守っています。

投稿: micchi-mama | 2009/08/24 09:44

プライムちゃんとの面会記、読んでいるうちに涙が出ました。イリぼんとの面会をまた思い出してしまいました。
プライムちゃん本当に成長しましたね。応援しています。
わが家の2頭目パピーのフラッシュも入所日が決まりました。あと1ヶ月と少しです。毎日ムギュッとしてます。

投稿: イリぼん&フラッシュママ | 2009/08/25 14:37

TP2合格おめでとうございます。
夢にまで見たプライムに会えてよかったですね。楽しいひと時と悲しい別れでしたが、またきっと会えますよ。

昨日、読んでいて涙が溢れてしまいました。
まさに私がイプサムとしたかったこと、して欲しかったことが書いてあって・・
すぐにはコメント入れられませんでした。ごめんなさい。

ハーネスを外すまでお仕事モードだったなんて・・すごいですよね。 その後のピョンピョン ご家族もプライムも嬉しかったでしょうね。
うちがもしイプサムと面会していてもハーネス歩行はなかったようです。応接室内のみの面会だったようです。 面会もその都度違うんですね。

ママさんたちがしてあげること・・ まだまだありますよ~ 陰で応援してあげること、健康を祈ること、それに盲導犬になっても誕生日にはプレゼントをあげてるPWさんもいますよ。
プライムとのつながりは終わったわけではないんですよ。
元気で頑張ってるプライムのママさんたちがそんなこと言ったらダメですよ。 元気を出してくださいね。
私も応援していますよ~!!

投稿: イプマム | 2009/08/25 18:24

イリぼん&フラッシュママ さま

私達の前の回の面会に来ていたご家族も、真っ赤な目をして訓練犬を見送っていました。
経験してみて分かりましたが入所の時とは、また違ったさみしさですねweep 
入所までのフラッシュ君との時間を大事に過ごしてくださいね。ギュッギュムギューって、力いっぱい抱きしめてくださいheart04

投稿: micchi-mama | 2009/08/25 21:26

イプマムさま

ホントにホントにそうですねweep プライムの成長した姿を見られたんだから、とっても幸せなことですよねthink イプサム君ももし面会を果たせていたら、きっと立派な姿を見せてくれたはずです。
なんだか遠く離れてしまったような気がしたけれど、プライムとのつながりはこれからも続くんですよね。元気で頑張って走っているプライムに、置いていかれないよう、沿道で旗を振る応援団になろうと思います。

投稿: micchi-mama | 2009/08/25 21:42

プライムはハーネスを外すまでお仕事モードだったんだぁ。
スパイクはダメダメよ。ハーネスしたまま飛びついてたわ。よくTP2通過したなぁ~って思うよ。
お別れの時はミッチーママと二人して泣いちゃったけど、一緒にプライムとスパイクを見送れてよかったわ。
ミッチー君のいう通り明るく見送らなきゃダメだよね。反省してます。

投稿: スパイクママ | 2009/08/25 23:18

スパイクママさま

そうなのよ~coldsweats02 ハーネスつけている間は、本当に私達のこと忘れちゃったのかと 心配になりました。もし最後まであのままだったら、私はもっと落ち込んでいたでしょう。スパイクとーちゃんのブログ見ました。全くおんなじ気持ちですsweat02ピョンピョンされたとき涙が溢れたわ。 「スパイク君らしさ」は変わらないで欲しい気もするわぁ~。 
ミッチーの反応には驚かされましたよwobbly 入所式ではあんなにボロボロだったからどうなる事かと思ったら「僕は泣かないから」だって。 うちでは、面会後も引きずっているのは私だけよdespair

投稿: micchi-mama | 2009/08/26 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カヌーで遊ぼう | トップページ | ミッチーのパピー日記(面会編) »