« プライムに会いました(面会) | トップページ | 九十九里を歩いたら »

ミッチーのパピー日記(面会編)

面会で成長した姿を見せてくれた、プライムですが、

我が家のもう一人の息子、ミッチー。

入所後のことを思い出すと、母親としては少し不安が。

またあんな風になっちゃったらどうしよう?

 Photo               

ところが、犬舎に戻るプライムを見送って

                   

「僕は泣かないよ。最後にプライムに顔を舐めてもらったからね」

「僕の気持ちはプライム次第なんだ」

               

と予想外の反応。 

強がってるのかなぁ?と思ったけど、そうではないみたいで。

帰りに

「最初、プライムがあんまり落ち着いているから、

私達を忘れちゃったかと心配になったよねdespair

と話していたら

     

ミッチー:「僕は分かってたよ。

     プライムは最初から僕たちのこと分かってたって。

     ハーネスをつけていたから大人しくしていたけど、

     僕が近寄ったら、僕の手に鼻を押しつけてニオイを確かめて、

     そのあとぼくの顔をジーッと見てから歩き出したんだよ。

     僕も抱きしめたかったけど我慢したんだ」

 Photo_2                

               

心配するには及ばないようで・・。

子どもは日々成長するもの。

成長してないのは、大人(=私)だけかil||li _| ̄|○ il||li

                 

Photo_3

                            

久しぶりのミッチーのパピー日記です↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

神奈川訓練センターにプライムの面会に行きました。

入所した時よりも色が濃くなっており、体も大きくなっていました。

でも 見たらすぐにプライムかなと分かりました。

訓練士さんがプライムを連れてきた時、すごーくおとなしくしていて

プライムじゃないみたいでした。

ちょっと悲しくなりましたが、ハーネスを付けていて

お仕事モードだと知ると安心しました。

その後にプライムのハーネスを持って神奈川訓練センターを一周します。

プライムはとってもえらくて、曲がり角ではしっかり止まってくれました。

でも途中でウン○をしました。いけないなぁと思いましたが、

反省しているような顔をしていてかわいかったので許してあげました。

訓練士さんが言うには、運動した後だからだそうです。

途中でお母さんに代わりました。

お母さんとプライムが歩き始めてしばらくすると、横に歩道があって、

真っ直ぐ行くと横断歩道がある道がありました。

お母さんは歩道に行きたいので、「レフトゴー」といいましたが、

プライムは「ストレイトゴー」と勘違いしました。

お母さんと訓練士さんが必死に「レフトゴー」と言ったので

やっと横に行ってくれました。

その後にお父さんと歩きました。お父さんと歩いている時は

なんともありませんでした。

神奈川訓練センターを一周して、その後待ちに待った1時間の面会になりました。

ハーネスをはずした瞬間にスイッチが入って、しっぽブンブンで僕たちに

飛び跳ねていました。

いつものプライムに戻ってよかったです。

でもパピーウォーキング中の時よりは落ち着いていました。

1時間の間は最高に楽しかったです。外に行って走ったりしました。

建物の中では僕たちにデレデレしてお腹を見せたり、

膝に頭を乗せたりしました。

プライムはパピーウォーキング中、一番お母さんの事が好きで、

今回の面会の時も、お母さんにくっついていました。

僕たちの事を覚えている証拠なので嬉しかったです。

1時間の面会が終わった時、プライムは僕の顔をペロリとなめてくれたので

悔いは無く、泣きませんでした。(ここだけの話、顔を舐めさせてはいけない)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Micchipapa                    

プライムのことは、全部分かっている気でいた私は、

すっかり落ち着いたプライムの姿に

「プライムが盲導犬になっちゃった!」

くらいの驚きだったのです。       

                           

でも、実はプライムらしい失敗もしてますねsweat01

プライムの名誉のために、書くのをためらうような失敗も、

ミッチーの冷静な観察により、

パピー日記に赤裸々に書かれております。

Photo_2

↑(それは 歩き始めてほんの数メートルの出来事でしたsweat01

              

うん。冷静に見れば、決して満点ではなかったな、、。

これからも、まだまだ訓練は続くんだものね。

プライムはプライムらしく、一歩一歩確実に

歩いていくんだよね。

                        

訓練士さん、これからもプライムを

どうかよろしくお願いいたします。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

|

« プライムに会いました(面会) | トップページ | 九十九里を歩いたら »

盲導犬パピー」カテゴリの記事

コメント

まぁ プライムったら ツーを やっちまったんですね。
完璧な盲導犬にはまだなってなくて、ホッとしたんじゃないですか? お茶目で・・

しかし、しっかりしたお子さんですね。 ご両親の教育の素晴らしさが見えます。
うちの子に、日記を書いてごらん・・ なんて言っても絶対書かないでしょう・・・(汗)

投稿: イプマム | 2009/09/02 00:16

イプマムさま

やっちまいましたcoldsweats01実にプライムらしい・・。そんな姿にホッとしてしまったのも事実ですsweat01

ミッチーは全然しっかりなんてしてませんが、日記は小さい時からずっと書いてましたね(パピー日記以外にも)一番書きやすいのがパピー日記で、プライムがいる時は話題には事欠かなかったようです。でも、もうプライムが最後になるでしょう。次の機会があったとしても、その頃には見せてくれないだろうと思います。
                  
イプカちゃんお留守番特訓中ですか?プライムは私が仕事をしていたせいで、結構早いうちからお留守番をさせていました(3時間くらい)。慣れもあるのでしょうね。最初はものすごく気を使いましたが、大きくなってからは苦労した事はなかったです。(ご近所ですから、いつでも預かりますよぉnote

投稿: micchi-mama | 2009/09/02 01:00

プライムちゃん、なかなかやりますね(笑)。
「わたしは昔のままのプライムだよ!」って家族のみなさんに見せたかった?んでは・・・。

いつもいつも思いますが、ミッチー日記は彼の成長の証で、宝物ですね。
いつかミッチーくんが自分のお子さんに見せる日も来るんでしょうね。
その時ママさんは遠い目をして・・・・ウルウル。

夏休みの自由研究(インタビュー)も拍手拍手です。

投稿: オパール母 | 2009/09/02 10:10

ミッチー、エライな。

私も笑って会おう!
笑って行ってらっしゃいって言おう!と思うのに、
私はパズーに会うたびに(本当は思い出すだけで)
泣けてしまいます。

ウチの子達は、パズーやこんな私をみてどう感じているのやら・・・。
どーであれ、パズーが教えてくれたものは、たくさんあった!
ってことかな。

投稿: パズー | 2009/09/03 12:52

オパール母 さま

パピーの時のプライムを知っているので、歩き出してツーした時も、私達はフツーに受け止めてましたが、一緒にいた訓練士さんは「いつもはこんなことないんですよsweat01」ってとても焦った様子でしたcoldsweats01

プライムもそうですが、こどもって、変わるもんだなぁ、、としみじみ思いましたね。4月の入所式から約5ヶ月で、プライムもミッチーもずいぶん変わって、置いていかれた感あり。グズグズ言ってるのは私だけかい、、って感じですsweat02
オパールママさん、面会後の どよ~ん は治りました?

投稿: micchi-mama | 2009/09/04 01:25

パズーママさま

こどもがどう感じているかって、ホントのところどうなんだろうね。面会では、泣いている子もいて、そんな姿を見たら胸が詰まったわ。 
でも、笑っても泣いても、こどもはダイジョーブな気がしてきた。どんどん大きくなっていくからねぇ


「盲導犬パズー」想像するだけでまた涙でしょ。嬉し涙であり、さびし涙でもあり・・。 で、大人は涙でどんどんしおれて行くのかしらsweat02 いやいや、そんなことはないわよねsweat01 

投稿: micchi-mama | 2009/09/04 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プライムに会いました(面会) | トップページ | 九十九里を歩いたら »