« どうしてるかな? | トップページ | 楽しかったね。また会いたいな。 »

頼りになる人 

最近 感じたことなど。

             

これまで、風邪ひいたときくらいしか医者にかかったことが

なかったので、外科系の病院というのは、勝手がよくわかりません。

診察してくれる整形外科のせんせいは、腕は良さそうですが

基本的には

「切って貼って治ればよし」みたいな感じ。

私よりレントゲン写真を見ている時間のほうが長いので、

下手すると一言も言葉を交わさず、診察室を後にすることになります。

ききたいことがあるような、ないような・・・。

                               

入院時、同室の患者さんは高齢の女性ばかりでした。

年をとると、女性は特に骨折しやすくなりますからね。

特に股関節の骨折が多いんですね~。(←私以外ほとんどそうでした)

人工股関節の手術を受けて、さぁ退院!となっても、

退院してから、気をつけなきゃいけないこともたくさんありますし、

今まで通りの生活が送れるのかしら・・と

不安でいっぱいになっている患者さんやご家族のすがた。

「大変だろうなぁ~」と傍らでみていると、

退院前日、実に親身に相談に乗っているスタッフの姿が目に留まりました。

歩行器やベッドなど、退院後に必要となりそうなもののリストアップ、

こういう動作はしてはいけない、この角度まで足を曲げるのはオッケー、

お風呂に入るときはこんな姿勢で、、と実に細かいアドバイス。

なんてすばらしい!

あのスタッフさんはどなたかしら?入院中お見かけしなかったけれど、、。

整形外科の先生?

それにしては若いし 感じもいい青年だなぁ

(けっして担当の整形外科の先生が

年をとっていて感じが悪いと言っているわけではありませぬ~sweat01

隣のベッドのおばぁちゃまにたずねると

あれはリハビリ室の先生だとのこと。

リハビリ室の先生とは理学療法士さんのことと思われ・・。

                

いいなぁ・・わたしは、すぐ退院だし、リハビリ室なんて行ったことないし

あんな親切丁寧な退院時指導なんて受けられないんだろうなぁ。

と指をくわえてみておりました。

で、な~んの注意もうけないまま、退院の日になり

整形の先生の回診があった折に、

「あのぉ 左手は動かしていいんですか?」

先生:「あっ 鎖骨ベルトははずさないでね。」

「鎖骨ベルトしてれば、普通にしてていいんですか?」

先生:「腕は上げないでね。せっかくつけたプレートがはずれちゃうからね」

(プレートが外れる???それってどういう状態なのよ!もちょっと詳しく教えてよ~)

と心の中で叫んだものの、先生は既に病室を立ち去った後でした・・・。

すご~く不安になった私は、看護師さんに

「もう退院ですが、私はリハビリうけなくていいんでしょうか・・weepと尋ねると

看護師さん:「あれ?micchi-mamaさん、リハの先生ついてないの?ちょっと待って」

とカルテを見て

看護師さん:「あっ!リハビリのオーダー出てたわ。忘れてたぁ ごめんね」

ということで、晴れて?ギリギリセーフで

念願の理学療法士さんのお話をうかがうことができました。

やったーヽ(´▽`)/  バンザーイ

担当のTさん、私の息子と言っても通るくらいの若い方なんですけど、

実に頼りになります。

今考えれば、そんな大したこと聞いたわけじゃないんですよ。

大きなコンパスみたいなの持っていて、

この角度まで腕が上がると鎖骨がこんな風に動くから

骨がくっつくまでは、こういう動きは避けるように・・

みたいな話。

でも、不安は払拭され、安心して家に帰ってこれたのでした。

リハビリテーションというのは、元の生活に戻るとか、社会復帰とかが

目的なので、その人がどんな生活をしていたか、、

という所を上手に把握するのも、技術なんですかね。

お年寄りの話に耳を傾け、雑談を交わしているようにみえながら、

家での生活の様子を聞き出しているところなんかも

プロっぽくてかっこよかったですね。

でもね、

     

理学療法士さん:「micchi-mamaさん、家に帰ってから困りそうなことありますか?」

       

「う~ん、料理かなぁ。包丁で野菜を切る動作は問題ないですか?」

      

理学療法士さん:「台の高さにもよりますが、、。

          そうだflair切れた野菜を買ってきたらどうですか?」

         

(切れた野菜・・ Σ( ̄ロ ̄lll)

 あなた、、、家で料理してませんねsweat01

       

と、思ったのでありました。

|

« どうしてるかな? | トップページ | 楽しかったね。また会いたいな。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

micchi-mamaさん
退院後、まだお目にかかっていませんが、ブログもリニューアルしたところをみると、順調に快復しているのでしょうか。
ブログ、かわいいですね~happy01
ほんわかした気持ちになります。
micchiの家事力は着実にアップしているのでしょうか。
どうぞくれぐれも無理をしないよう、お大事になさってくださいup

投稿: JUNJUN | 2009/09/30 20:00

担当の先生は説明しなさ過ぎですね。
素人には分からなくて不安なのにね。
だから理学療法士さんがいるのかな? でもちょっぴり不安な対応でしたね(^-^;

不安だから聞きたいことたくさんあるけど、あんまりしつこくしたら・・ と思うとねぇ~ 口数が少なくなりますよね。 それと、ありがとうございましたと出てからあっと思うこともあります。
病気にだけはなりたくないですね。
ママさん??解決しましたか?
お大事にね~(*^-^)

投稿: | 2009/09/30 21:31

JUNJUNさま

その節はお世話になりました。肩のほうは順調に回復中です~。
ミッチーが手伝ってくれたのは最初だけdespair
今じゃ、なにか頼もうとすると、サーッと逃げていきますsweat02
それに比べ、micchi-papaは、料理とっても頑張ってます。
ふだんからやってたから苦はないようですcoldsweats01

投稿: micchi-mama | 2009/09/30 22:04

? さま

そうなんですよ。聞きたいことがあっても、その場ではとっさに出てこないんですよね~。先生も聞いたら答えてくださるとは思うのですが・・。
理学療法士さんは、聞きやすい雰囲気なので助かってます。真面目な顔して面白いこという方なんです。「切った野菜」は、大真面目なので笑えませんでしたがsweat01 
怪我したり病気したりすると、本当に健康のありがたさがわかりますよねshine 

投稿: micchi-mama | 2009/09/30 22:20

こんにちは。怪我や病気ってなってみて日ごろの健康や、
家族の協力のありがたさがわかりますよね。
私はイリぼんがいるときに足首に3週間ギブスはめることに
なってしまったのですが、そのとき初めて一時預かりの
ありがたさを経験しました。
おだいじに。

投稿: イリぼん&フラッシュママ | 2009/10/02 09:08

イリぽん&フラッシュママさま

本当に、、健康や家族の有り難さが身にしみます。「ありがとう」の感謝の気持ちを忘れないようにしなくちゃいけないなぁ、、とシミジミ。

フラッシュ君 もう入所なんですね(ノ_・。)
みんなみんなガンバレ!応援しています。フラッシュ君、先輩達が待っているからね。

投稿: micchi-mama | 2009/10/03 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうしてるかな? | トップページ | 楽しかったね。また会いたいな。 »