« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

非常用持ち出し袋とハートの近況

昨夜の地震は、かなり揺れました。

地震のあと、危機感に駆られ、非常持ち出し用リュックに 

ハートのフードやお水 その他 昔買った非常食やら懐中電灯やらを

詰めました。お水は一人3リットル 

20110316

非常食は 見事にみんな賞味期限が過ぎていました。

それも年単位で・・

食べたらお腹壊すかも。。

                          

              

昨日の地震 震源地が富士ハーネス近辺で、震度6だったときいて

心配していましたが、訓練犬や職員さんは無事だったとのこと。

ホッとしました。

でも一部建物が破損し、3月いっぱいは休館だそうです。

                                 

仙台訓練センターでは、ユーザーさんや盲導犬の安否確認が進んでいるようです。

スタッフの方々も自ら被災しながら、安否確認を最優先に取り組まれているとのことです。

            

詳しい情報はこちらで確認できます↓

日本盲導犬協会公式サイト http://www.moudouken.net/
災害救援専用twitter http://twitter.com/JGDA_GuideDog

            

              

私たちの地域では、今日までのところ、

計画停電は行われていません。

micchi-papaの職場近辺は、今日、初めて停電になったそうです。

パソコンがいきなりプチっと切れて、

                          

「入力していたデーターが消えたんだ・・」

                  

と 肩を落としていました。  

まぁ 仕方がないよね。

不便や混乱もあるけれど

被災地の方の過酷な状況を思ったら

このくらいは 全然なんてことないゾ!

                  

明日はたぶん 停電になると思うので、

お水を用意して、

電化製品のコンセントを抜いて備えたいと思います。

                        

ハートは元気です。

相変わらず、家では寝てばっかりですが

ときどき むくっと起き上がって窓の外を見るようになりました。

動物は、本能的に異変を感じるらしいと聞いたので

            

地震予知か?

 

と緊張が走りますが

今のところ地震との関連はなし。

その辺の能力はなさそうです。

201103172

 

| | コメント (0)

仙台訓練センター 救援のお願い 

盲導犬協会のホームページに  緊急のお知らせが掲載されていました  

↓(一部転載)

:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;

緊急】東北地方太平洋沖地震に伴う、仙台訓練センターの状況と救援のお願い

2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震により、日本盲導犬協会 仙台訓練センターが被災いたしました。
東北地域にお住まいのボランティア、ご支援者の皆様へ救援のお願いです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;; 

pc↑くわしくは直接 盲導犬協会のホームページを見てくださいpc
 

仙台訓練センター近くにお住まいで、お力を貸していただける方がいらっしゃいましたら、

救援物資を運んでください。

また、被災地での、盲導犬やユーザーさんに関する安否がなかなか確認できないそうです。

もし 情報をおもちの方がいましたら盲導犬協会のホームページ上の連絡先に情報をお寄

せください。

どうかよろしくお願いいたします。

       

         

地震津波の状況が明らかになるにつれ、想像を超える被害の悲惨さに

言葉を無くしています。

わたしたちの住む 東京では震度5ということでしたが

過去経験したことのないほどの激しい揺れでした。

その瞬間 ハートに リードとカラーを装着するのが精いっぱいで、

部屋の中でハートを抱きしめて震えているだけでした。

本当に いざその時になったら、体が動かず、何もできませんでした。

津波が襲った 沿岸部の方々は、あの地震が来た直後に、

高台に向けて避難しなければ間に合わなかったことと思います。

どれだけの方が とっさに動くことができたのでしょうか・・。

町ごと流された映像をみて、胸がしめつけられる思いです。

           

今も 東京でも感じる余震が続いています。

災害弱者といわれる お年寄りや小さな子どもをつれたお母さん、妊婦さん、

障がいをもった方々の、被災地での生活はどんなに不安なことでしょう。

盲導犬を連れたユーザーさんは、避難所に入れているでしょうか。

フードは足りているのだろうか・・

何かしたいけど 何もできなくて。 

                     

でも 日本中 世界中の人たちが 被災地の方々のことを案じています。 

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年4月 »