旅行・地域

週末 朝風呂

週末 金曜の夜にお山に行ってきました。

中央高速に乗ったのが22時。

ETC平日夜間割引が適応されたのか

料金は、今までで一番安い900円!でした。

高速道路もスイスイと空いてて1時間半で到着です。

           

安いし空いてるし、いいんだけど、

夜は寒いのが、難点です。

この日は湖畔の温度計で1℃・・

冬場は、水抜きもしているので 凍てつくような寒さの中

水出し作業をしなきゃならないのもちょっとつらい。

(やるのは micchi-papaですが。)

                    

しかし がんばって 夜来た目的は

土曜日に「紅富士の湯」の 朝風呂 にはいるためです。

12月~3月の土日は、紅に染まる紅富士を見ながらお風呂に入ろう!の

イベントで朝6時から朝風呂に入れるのです。 

4日の日は オープニングイベント。

ワカサギの天ぷら しじみの味噌汁 おもち が 無料でふるまわれ 

紅富士の湯オリジナルタオル と ヒノキ石鹸が タダでもらえる!

これはもう 絶対行かなきゃ。

                             

土曜の朝、眠い目をこすりながらお山の家をでて

まずは湖畔で紅富士をみてから、お風呂に入ることにしました。

日の出の直前 雪を被った富士山が ほんのり赤く色づきます。

Photo_2

富士山の右手裾野後方に見える南アルプス↓

空が 紫~ピンク~水色のグラデーションに染まって

これまた美しかったです

Photo_3  

                  

早起きしたので おなかがすいてしまい

温泉についてすぐ ワカサギの天ぷらと味噌汁をいただきました。

屋台も出てましたよ 。

Photo_6 Photo_7 

冬は晴れて、美しい富士山が見られる日が多いので

これから山中湖方面に行かれる方は「紅富士の湯」が

お勧めです。

銭湯の壁のペンキ絵ではなく、本物の富士山を目の前に

してお湯に浸かれます。

ただ、外に出るととっても寒いです。 

わたしは、朝風呂のあと、湯冷めして調子悪くなりました(u_u。) 

| | コメント (0)

イルミリオン

「イルミリオン」  ~ 関東最大級 200万球の光の祭典 ~

Photo

きれいなイルミネーションを見に

さがみ湖 プレジャーフォレスト(前の相模湖ピクニックランド)

に行ってきました。

ワンコも入場OKです。

              

さすが、関東最大級 200万球のLEDランプ

まばゆいばかりの光に溢れてました。

「お花畑」

Photo_2

「光の海」

Photo_3

色合いがテーマによって違ってて、素敵です。

光の中を斜面の上まで続く通路を歩いていきます。

                     

リフトやメリーゴーランド 観覧車など 一部アトラクションも

楽しめます。

大型バスが何台もとまってて大勢の人が来ていました。

                    

                   

micchi-papaは、ずーっと

「まぶしい まぶしい 目に悪い」

ってブツブツ。

ミッチーは、ずーっと 

「なんか食べようよ おなかすいたーー!」

って言ってた。

ハートは、ずーっと

足元で、枯れ葉や枝をパクパクしてた。

            

                  

結構急な斜面なのと、上はキラキラしてるけど、

足元がうす暗くて見えにくいので

歩くときは要注意です。

                       

若い恋人同士には、とってもロマンチックで、おすすめです。

            

                

いいなぁ 若いって。

              

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ハートが、日記をつけはじめました。

よかったら見てください↓

Good Heart 810

| | コメント (0)

ハートとハイキング

先週、ハートと一緒にハイキングに行ってきました。

季節がいいうちに、行ってみよう!と思い立ち

張り切ってトレッキングシューズ、地図、コンパスも購入し、

ました。

行ったのは、山中湖の南側、籠坂峠とパノラマ台を結ぶ

三国山コースです。

でも、実はショートカットして 間の大洞山~三国山の手前で

降りてきました。

出発地点に車を置いて、途中まで行ってUターンして、

車を置いたところまで戻ってくるっていうのも考えたのですが、、

地図を見たら細い道みたいなのがあるから、

このコースでも歩けるんじゃない?って。 

Cocolog_oekaki_2010_11_19_21_02

これが大間違いでした。

出発は余裕の笑顔であった。

Photo

楽勝楽勝 と思ってたら、やけに木が倒れてて

Photo_2

ひぃ~ なんだこりゃ。

Photo_3

植林した木を間伐した?

切り倒したまま、そこらじゅうにゴロゴロと転がってました。

これを越えていかなきゃいけないのかぁ。

ハート、ごめんね。

これ、きついよね。

              

でもハートは大したものです。

この斜面を先頭に立って登り切りましたよ。

Photo_4

やるね~ ハート!

さすが四駆。安定感があります。

そして本来のハイキングコースに合流。

アップダウンのあまりない、穏やかな稜線を行く

歩きやすいコースです。

Photo_5

三国山の手前でまた道をそれ・・

                

なんか 嫌な予感がする。

Photo_6

この幹の傷なんだろう?

Photo_9

まさかクマのしわざじゃないよね、、鹿だろうか・・・。

クマよけの鈴、付けてくれば良かった。

ミッチー:「ハートがいれば、クマも近づいてこないよね」

ハート:(それはどうかしら?)

              

Photo_10

ミッチーはこわがって、

この先ずーっと、口笛で「ドラえもん」

吹いてました。

                   

ハートは落ち葉積もる中を泳ぐようにして下って、

Photo_11

道なき道をひたすら歩く・・

無事おりてこられたときは、心底ほっとした~。 

Photo_12

結局、軽ーく歩くつもりが、4時間ちょっとかかって

急な斜面を上がったり下りたりで、体中、筋肉痛になりました。

                   

でも、自然の中を歩くのって楽しかった。

今度は、ハイキングコースから、はずれずに

整備された道を歩きたいと思います。

| | コメント (0)

お山の自然 2

バードフィーダーを新しいものにかえました

以前、ミッチーが夏休みの工作でつくってくれたものが

壊れてしまったので。

  

こんどのは 吊り下げタイプです

台所の窓のすぐ前にぶらさげたので

鳥が来るとよく見えるのです。

家の中かから撮影してみました。

左の鳥の形をしたのは飾りで

右側が本物

最初に遊びに来たのは「ヤマガラ」

おなかがオレンジ色

Photo_12

こちらは 「ゴジュウカラ」

目のところにサングラスみたいな線が入っています

Tori

山中湖は、野鳥がたくさんいるので

バードウォッチングに最高だそうです。

でも うちのバードフィーダーにやってくるのはそんなに種類はいないですね。

ほかには シジュウカラとヒガラくらい。

カメラの腕がよければ、出かけて行って

もっと、いろんな鳥をうつして見たいな。

山荘のご近所さんに

庭に野鳥を呼ぶために、立派なバードガーデンを作ってらっしゃるおうちが

あるんです。

ひまわりの種を、せっせと補充して

その量 なんと1ヶ月に15キロ。

いつもたくさんの鳥たちが集まっています。

ハートとお散歩にいくときは、

いつもそのお宅のバードガーデンをのぞくことにしています。

ハートは、鳥にも猫にも反応しないので、助かる。

この間 通りかかったら

鳥ではなくて りすが遊びに来てました。

Photo_13

おなかのあたりが 赤毛なのは 夏毛の名残でしょうか?

| | コメント (0)

お山の自然 秋の植物

秋のお山で撮った写真を

載せてみます

少し前 秋口の頃~

  

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

とりかぶとの青い花

美しくて妖しい青色が咲き乱れます

Photo_3

 

すこしたつと実?ができる

Photo_5

 

小さな白い野菊 (正式な名前は知らない)

Photo_11

 

      

赤いのは

まむしぐさの実

お花も、かわってるが

実もかなり変わった形だと思う

Photo_4

道にころりんとおっこちてた実 

Akebi

  

上を見上げると・・

あっ「あけび」だ

あんな高いところじゃ、取れないや

Photo_6

 

こちらは、やまぶどう

やっぱり 高いところになっていて届かないので

落ちているのを、拾い集めました

Yamabudou

 

大きな 「ふじあざみ」

Photo_7

 

吾木香(われもこう)

Photo_8

 

梨が原で撮った すすきとハート

Photo_9  

 

10月 

茶色かった富士山が

Photo

 

11月

白い雪の帽子を被る頃

Photo_2

Photo_10

湖畔の紅葉が見頃になります

| | コメント (0)

上野の森にこだまする

昨日はとっても寒かったですね。

冷えのせいか筋肉がつって、つらかった。

カイロを張りつけたり、さすったりいろいろしてみたけれど、一番いいのは

やっぱりお風呂ですね。

今日は、青空も見えています。昨日よりは暖かくなるといいな。

                   

この間の日曜日は、朝から良いお天気だったので、

久しぶりに家族でお出かけしようということになりました。 

といっても何の計画も立てていなかったし、あんまり遠くにはいけないね、

ということで、上野の科学博物館に行くことになりました。 

上野の駅に着くと、人がいっぱい。

小さな子供を連れた家族がゾロゾロと道を進んでいます。

みんなどこに行くの?

Photo

動物園です。

この日はなんと無料開園日

「天皇陛下御在位20年記念で入場料無料」なんだそうです。

これは、もう行くしかないでしょ。

吸い込まれるように動物園の門をくぐります。

当初の目的と外れるので、あんまり時間は取れません。

各自 見たい動物を言ってください。

               

私 : 「やっぱりゾウでしょ」

ミッチー: 「ぼくライオン」

micchi-papa: 「パンダ見たい」

               

ブッブー残念でした。 

今 上野の動物園にはパンダはいないのですよ。

                

micchi-papa: 「え~っw(゚o゚)w」

                    

パンダはいないので、micchi-papaにはパンダ焼きで我慢してもらいましょう。

                              

「見てごらん これがパンダ焼きだよ」

Photo_2

袋しか写ってないですね。

奥のほうで機械から型に絞り出されているのがパンダ焼き。

パンダの形をした人形焼き?

                          

実は何を隠そう、私はかれこれ30年以上も前に、

パンダのランラン カンカンを見に来たことがあります。 歳がばれるなぁ

パンダ舎の前で列を作って、

警備員さんの「止まらないでくださーい」「進んでくださーい」の声に急かされるように

歩いた記憶があるのですが、その時見たパンダの姿はあんまり覚えてません。

そのあと父に、アメ横でクマ(パンダはなかった)の形をしたクリップを買ってもらったような?

クマのクリップは今でも細部まで思い出せるのに、動物たちの姿は全然思い出せません。 

ミッチーは30年後、今日の日をおぼえているかな?

                     

さぁ、感傷に浸っている時間はないのです。

まずはゾウさん

Photo_3

わぁ 大きい!

比較対象がないので大きさが伝わらないですね。

              

猿山もちょっとのぞいて。

Photo_4

台の上のハンドルの上に腰かけてるお猿さんがいますね。

この台は、体重計になってるんです。

見ている人に動物の体重が分かるようになっています。

写真のお猿さんは7キロくらいだったかな?

ゾウさんの体重は3トンを超えてました。

                         

こっちは日向ぼっこ中のおとなの猿。

緊張感がないですね。ヘソ天の子もいるゾ。 

Photo_5

赤ちゃん猿は、お水の中を興味津津のぞいています。

Photo_6

かわいいなぁ。

 「サル山で 子猿がいっぴき 水遊び」 

                          詠み人 ミッチー

                           

こちらの↓お猿さんは、外国から来た珍しいお猿さん。

尻尾がゴージャス。

オシャレな尻尾だ~と感心していると

            

ミッチー:「だめだめ 顔が悪そう。やっぱり猿はニホンザルが一番だね」

            

だそうです。

Photo_3 Photo_4

                 

うちの子猿がおなかが空いたとうるさいので、

焼きおにぎり弁当と豚汁で昼食。

Photo_7

せっかく電車で来たんだからいいよね、、

と、大人は生ビールとたこ焼き。

Photo

木の上で、隙あらばとお弁当を狙うカラス↓

Photo_5 

   「カラスがね ぼくのおにぎり ねらってた」 詠み人 ミッチー

                            

おなかもいっぱいになったところで、先を急ぎます。

ミッチーが見たがってたライオン

Photo_6

意外にちっちゃい? 

「インドライオン」だそうです。小柄な種類なんですね。

                          

ミッチーがしげしげと見ているガラスは 

Photo_7

ゴリラの割ったガラスだそうです。

 「ある日ゴリラの森のガラスが割れた

  それもきれいなヒビ割れ模様に 

  手だけで絶対に割れない強化ガラス

  道具を使ったに違いない

  石器でも作ったのかな?

  上野のゴリラたちも

  道具を使うように進化したのかな?」

Photo_8

道具を使ったというのも驚きですが、

ガラスをたたき割るゴリラさんの心情を思い見るに、

せつなく 申し訳ないような気持ちになってしまいました。

「出してくれー」「森にかえせー」

と思って割ったのでなければいいのですが。

                

足早に回った動物園。

見た中で一番印象に残った

今日の一推し

家族全員一致で、「スマトラトラ」(写真なし)

あの美しさ、自然界にこんなにも美しい動物がいるのね!と

興奮してしまった。

目の前(ガラス隔てた)を大きな体がゆっくりと横切った時

そこにいる人たちから、

「おぉ~っ」と感嘆の声が漏れました。

私たちの所からは見えなかったのですが、

前のほうで見てたおじさんによると

横切った後、おしっこしたみたいです。 

ほとばしる尿

「虎は、しょんべんさえ美しい」

とは、そのおじさんの言葉です。

                         

あぁ ほんのちょっと見ただけだけれど、動物園楽しかった。

来る予定じゃなかったのに、得した気分です。

                          

ミッチー:「前はそんなことなかったのに、プライムが来てから、

      どんな動物も可愛く見えるようになった」

               

ウンウン わかるよ その気持ち。

生き物って素晴らしいね。

さぁ 科学博物館に行こうか。

            

・・・おまけ・・・ 

「トラの声 上野の森に こだまする」

     詠み人 micchi-papa

            

ミッチー:「えーっ 虎 鳴いてなかったじゃん」

                   

micchi-papa:ほんまに鳴かんでもええんや。

        鳴いたかのように思えるほどの

        迫力を詠んだんや

             

| | コメント (2)

またまた温泉

もう11月なんですね。

時間がたつのは早いです。

ワンコがいないと、だらだらグータラすごしてしまい、

何より、散歩に行かないので、出不精の私はさらに家に引きこもりがち。

骨も回復してきたので、1週間前から、本格的なリハビリが始まりました。

今まで肩を「動かすな」と言われていたので動かさないでいたら、

いつの間にか動かせなくなってしまったのです。

前にならえをしてみましょうと言われたものの、

左腕を持ち上げることができないっ!! ガーーーン

筋肉って使わないとすぐに落ちちゃうんですね。ビックリです。

理学療法士さんに

「ここまで落ちちゃうのも珍しい。

怪我する前も運動してなかったんじゃないですか?」

と言われたのもショックです。だってその通りだから・・・。

足には自信があったんです。プライムとせっせと歩いていたし、、

でも、箸より重いものは持ったことがない、お嬢様育ちなもんで(嘘)

動かない腕を無理に動かそうとするとめちゃくちゃ痛いです。涙目になります。

でも「痛くても我慢して動かすんだ!」と今まで優しかった理学療法士さんが

人が変ったように厳しくなったので、リハビリに通うのが憂鬱です(ノ_-。)

そんな鬱々とした気分を吹き飛ばすのは、何といっても温泉です!(地味だ・・。)

温泉の中だと、リハビリもら~くらく♪ 外ではどんなに頑張っても上がらない左腕が

前にならえもできるんです。もう、湯船の中で暮らしたいくらい。

母の願いで、今週もお山の温泉にGO!、

道志道から見える山は赤や黄色に彩られています。

車窓から撮ったのでブレブレ、、美しさが伝わらないのが残念。

Photo_3

途中、薪が安い無人販売所で、焚きつけ用の薪ゲット。

Maki 

なんて美しい山々よ、、緑濃い季節も好きですが、

秋の紅葉のシーズンが大好きです。

ここで一句

「走るほど 秋の色濃く 道志道」 

       詠み人 micchi-papa

「秋の山 紅葉はどうして赤いのか」

       詠み人 ミッチー

山中湖畔はさらに紅葉が進んでいます。

夕焼けの渚 紅葉祭りも開催中。

車窓からなので こちらもブレブレ~残念。

Yamanakakohan

夜は 紅富士の湯で、のぼせるくらいあったまってきました。

露天の湯で、ライトアップされた紅葉も美しかったです。

| | コメント (2)